メニュー

乾燥ニキビがあるときのクレンジング方法

ニキビがあるときは、メイクをしないほうがいいのはわかっているけど、目立つその赤みは隠したい…。
ニキビのときのメイクアップには悩みますね。
クレンジング

 

実は、肌に負担があるのは、メイクよりも、むしろクレンジングです。
洗浄力の強いクレンジングを選んでいませんか?
ニキビ肌にやさしいクレンジングの方法と選び方のポイントをご紹介します。

 

乾燥ニキビ時のクレンジング剤の選び方とポイント

クレンジングは、以下の点に注意して使いましょう。

 

こすらない

摩擦は、皮膚刺激になり、角質の硬化や、炎症の悪化につながります。
摩擦の刺激を減らすため、クレンジング剤は、指すべりがよいものを、たっぷりと使いましょう。

 

肌なじみをよくするために、使う前によくあたためるのもポイントです。

 

シートタイプのクレンジングやローションクレンジングは便利ですが、
肌をこする刺激が強いため、肌が敏感なときにはオススメできません。

 

洗いすぎない

ニキビがつい気になって、清潔にしようと、1日に何度も洗顔したくなることもありますが、
朝晩の2回で充分。洗い過ぎはNGです。

 

皮脂や汚れを肌に残さないことは大切ですが、洗いすぎると角質が厚く、そして固くなり、
毛穴の詰まりを招きます。

 

洗浄成分が強すぎるものを使わない

最近のメイクアップアイテムは、時間がたっても崩れにくく、もちもよい高機能なものがたくさん。
でも、そんなメイクアップを落とすために、洗浄力が強すぎるものも…。

 

大人ニキビに乾燥は厳禁
洗浄力が強すぎると、肌の乾燥を招くため、それがまた、角質の硬化と毛穴づまりにつながります。

 

配合されている界面活性剤の量にもよりますが、
種類別の洗浄力の強さは、オイル>リキッド>ジェル>クリーム>ミルク。

 

強い洗浄成分が入っていない、ミルククレンジングやジェルクレンジングを選ぶと安心です。
(オイルは洗浄力が強すぎるものが多いためオススメできません)

 

特に気に入っているクレンジングは、フルリ(Fleuri)のクリアゲルクレンズ。
@cosmeでの高評価につられましたが、口コミどおり、洗い上がりがとてもやさしく、しっとり。
敏感になっているときでも、おだやかに洗いあがるのが安心です。
乾燥ニキビにやさしいクレンジングはこちらを参考にしてくださいね)

 

クレンジング剤をよくすすぐ

お肌に残った洗浄成分は、肌にとっても負担です。
お肌にクレンジング剤が残らないよう、やさしくしっかりすすいでください

 

ミルククレンジングの場合も、クレンジング後に素洗いをすると、落ち残りなく、キレイになります。

 

クレンジングの方法

正しいクレンジングの手順を、2本ご紹介します。
動画で見るとわかりやすいですね。

 

▼「正しいクレンジングの方法―クレンジングの新常識」▼

あためるのとやさしい指使いがポイントです。

 

▼「佐伯式正しいクレンジング方法」▼

佐伯先生の方法は、リフトアップにもよさそうですね。

 

この記事を読んだ人は、この記事も読んでいます。

 

 

このサイトのトップへ

ページトップへ戻る