メニュー

大人ニキビを予防する食事とは?

和食

 

毎日の食生活の見直しも、とても大切です。
なぜなら、体は食べたものだけでできています^^

 

ついついしてしまう、外食やコンビニ弁当、スナック菓子などは、腸内環境を荒らします。

 

からだのためになるべく控えて、和食を中心としたバランスのよい食事を心がけましょう。

 

ニキビを予防・改善する食べ物

ニキビを改善する栄養素には、次のようなものがありますよ。

 

緑黄色野菜

 

ビタミンA

ビタミンAには、肌のターンオーバーを促す作用、皮膚の潤いを保つ作用などがあります。
鶏レバー、ウナギ、ニンジン、小松菜、ホウレン草、チーズ、アーモンドなどに多く含まれています。

 

ビタミンB2

ビタミンB2には、角化を調整し、皮脂の分泌を抑制する作用があります。
豚・牛・鶏レバー、牛乳、納豆、卵、ホウレン草、藻類などに多く含まれています。

 

ビタミンB6

ビタミンB6には、新陳代謝を促す作用、皮脂の分泌を抑制する作用があります。
にんにく、マグロ(生)、カツオ(生)、バナナ、玄米、大豆などに多く含まれています。

 

ビタミンC

ビタミンCには、メラニンを抑制する作用や抗酸化作用があります。美肌ビタミンの定番です。
ブロッコリー・小松菜・カボチャなどの緑黄色野菜、イチゴ・グレープフルーツ・レモンなどの果物に多く含まれています。

 

ビタミンE

ビタミンEには、血液の循環をよくする作用、抗酸化作用があり、若返りのビタミンと言われています。
アーモンドなどのナッツ類、ひまわり油や米ぬか油などの植物油、かぼちゃなどに多く含まれています。

 

食物繊維

食物繊維には、腸壁にこびりついた宿便などの有害物質を掃除してくれる働きがあります。
腸内環境を整え、善玉菌を増やしてくれます。
こんにゃく、海藻類、果物、豆類、エビやカニなどに多く含まれています。

 

食物繊維と腸内環境については、「腸内環境を整える」を参照ください。

 

サプリメントでニキビ対策:きらりのおめぐ実

きらりのおめぐ実

ビタミン、ビフィズス菌、オリゴ糖、食物繊維、クロスチン、レスベラトロール、ポリフェノール、マキベリー・・・など豊富な美容栄養素を含んだニキビ対策サプリ。
内側から肌質改善へ。

 

>>詳細はこちら


 

ニキビを悪化させる食べ物

ニキビを悪化させる食べ物には、肉や脂っこいもの、砂糖、刺激物(スパイスやカフェイン)などがあります。

 

揚げ物

 

冷たい食べ物や飲み物も、内臓を冷やして代謝を落とすため、控えめにしましょう。

 

特に夏は、冷房やついつい飲んでしまう冷たい飲み物で、内臓に負担がかかります。
寒い季節だけでなく、忘れがちな暑い時期にもNO!冷え!を心がけましょう。

 

夏も半ばになったころには、例年よりずっとお肌や体調がいいのに気付くと思います^^

 

この記事を読んだ人は、この記事も読んでいます。

★迷ったらコレ!のルナメアAC1週間お手入れキットを試してみました!

ルナメアAC

@コスメなどのランキングサイトで、ランキング上位常連のこちら。

迷ったらコレ!の実直&確実なアイテムでしたよ。ワクワクレビューしました♪
届きました!セットの内容はこんな感じ・・・・・

>>続きを読む。 

 

★背中ニキビにはコレ!人気のジュエルレインを試してみました!

ピカイチジュエルレイン(Jewel Rain)

背中のニキビと言えばこちら!の定番商品ですよね。

背中のニキビは1度できると治りにくいので半信半疑でしたが・・・予想外の結果でした・・・・・

>>続きを読む。 

 

★フェイスラインのニキビにはコレ!メルラインの体験レビュー♪

メルライン(MELLINE)

根深いフェイスラインのニキビに人気のこちら。痛い生理前のニキビができる時期に合わせて試してみました。

丁寧なケアを続けられるようになって、もうだいぶニキビはできなくなりましたが、生理前後はどうしても、赤く痛みがある・・・・・

>>続きを読む。 

 

★ニキビ跡にはコレ!ピカイチ リプロスキンの体験レビュー♪

ピカイチ:リプロスキン

ニキビ跡のケアに迷ったらまずはこちら!

ニキビやニキビ跡にはピーリングが1番!と思っていたのですが、
ジュエルレインを使ってから、こんな風に肌の再生力を高めてニキビを治すっというやり方もあるんだなあと、
ピカイチさんのファンになったので・・・・・

>>続きを読む。 

 

 

このサイトのトップへ

ページトップへ戻る