メニュー

背中ニキビのケアはどうしたらいい?

背中ニキビ

 

背中と胸は皮脂腺が発達しているため、ニキビができやすい部位。
特に背中は、重症化しやすく治りにくい部位です。

 

背中ニキビの原因

背中ニキビの原因は、顔のニキビと同じです。
毛穴のまわりの角質が厚くなり、毛穴が詰まり、そこに皮脂がたまって(=コメド)、
その皮脂をエサにアクネ菌が繁殖して炎症になります。

 

顔よりも汗がたまりやすいため、雑菌が繁殖しやすく、
見えにくくケアしにくいので、治りにくい部位になっています。

 

背中ニキビのケア方法

ケアの方法は、基本的には、顔のニキビと同じです。

 

あかすり用のタオルやナイロンタオルで洗わない

背中のざらつきが気になるからといって、ナイロンタオルやあかすり用タオルを使っていませんか?
肌の表面がこすり落とされるため、いったんはツルツルになりますが、肌を傷つけるため逆効果。

 

肌を強くこすると、ニキビの部分が傷ついて、炎症を悪化させます。

 

顔と同じ石けんや洗顔料で

ボディソープには、
洗浄力が強すぎたり、使用感をよくするため界面活性剤を多用していたりするものも多いため、
刺激が強く、ニキビがあるときにはオススメできません。

 

いい香りで使っていてウキウキするものもたくさんありますので、治ってから使うといいですね^^
ニキビがある間はすこし我慢して、お顔のニキビケアと同じ洗顔料を使いましょう。

 

ポイントは、ニキビの原因となる肥厚した角質と毛穴の汚れが落ち、かつ乾燥させないものを選ぶこと。

 

オススメの洗顔料は「乾燥ニキビにオススメの洗顔料は?」にまとめましたので、
こちらを参考にしてくださいね。

 

角質ケアをした後は、充分な保湿を

こちらも顔のニキビの場合と同様です。
毛穴の汚れを落とし、古くなって肥厚した角質をケアした後は、たっぷり充分な保湿をします。

 

保湿だけに特化した化粧品でも充分ですが、ニキビケア用の保湿アイテムを使うと、
グリチルリチン酸やビタミンC誘導体など、炎症やニキビ跡にも有効な成分が含まれているので、
より積極的なケアができると思います。

 

このケア用品については、
繰り返す大人ニキビに効果的な化粧品は?」のページでまとめてご紹介しましたので、
こちらも参考になさってくださいね。

 

 

背中ニキビにはオールインワンのニキビケア用品もあり

以上がオススメしたいケア方法ですが、顔よりずっと広い背中を顔と同じようにケアするのは、
毎日続けるとなると、ちょっと大変だなあと感じます。

 

そんなときにオススメなのが、ジュエルレインなどのオールインワンタイプのニキビケア用品

 

ピカイチ:ジュエルレイン(Jewel Rain)

ジュエルレイン

セット内容 本品:100ml
価格 5,480円+税
送料等 送料無料本品返金保証
うるおい感 うるおい
背中・デコルテ・二の腕・おしりなど体のニキビに特化

皮膚が厚く治りにくい体のニキビケアに特化。お顔にも使えます。

 

オールインワンタイプなので、
化粧水、美容液、クリームなどのステップが不要です。
ジェルなので、化粧水のようにこぼれず、塗りやすい。

 

面積の広い体には使いやすいケア用品です。

 

特徴的な有効成分(医薬部外品)

ヒアルロン酸などのたっぷりの保湿成分と、
グリチルリチン酸2Kなどの抗炎症成分が
いまあるニキビを集中的にケアしてくれます。

 

  • グリチルリチン酸2K(抗炎症)
  • 水溶性プラセンタ(抗炎症・肌の再生・アンチエイジング)
  • 甘草フラボノイド(抗炎症)
  • 水溶性コラーゲン(保湿・バリア機能)
  • ヒアルロン酸(保湿・バリア機能)

 

万が一肌に合わない場合は、60日間の返金保障制度あり

万が一、お肌に合わなかった場合、60日間の返金保障制度があるので安心です。
(開封後の返金が可能ですが、商品の容器の返送が必要です)

 

商品レビューはこちら公式サイトはこちら

 

背中ニキビがあるときの衣服について

肌触りのよいインナーや服を

洗濯

 

ニキビがあるときは、刺激に弱い状態になっていますので、
下着や肌に直接触れる服は、肌触りのよいものを選びましょう。

 

汗もニキビを悪化させる要因になりますので、
肌に直接触れるものは、できれば、天然素材のものがオススメです。

 

お洗濯も見直して

洗濯

 

そして、もう少し、丁寧に向きあう時間があるかたは、お洗濯の洗剤も見直してみましょう。
合成洗剤はいい香りで使いやすいですが、
洗浄成分や界面活性剤、その他合成香料などのたくさんの添加物が残って、刺激となります
(これはアトピーなどの肌荒れのある方も同じです)

 

柔軟剤も同じです。

 

純石鹸(液体でも粉でも)、クエン酸(またはお酢)、酸素系漂白剤でのお洗濯が安心です。
はじめる前は大変に思うかもしれませんが、慣れてしまえば、簡単です。

 

肌に直接触れる下着、タオル、寝具のお洗濯だけでも変えられるといいですね。
環境にも負担が低いです^^

 

この記事を読んだ人は、この記事も読んでいます。

 

このサイトのトップへ

ページトップへ戻る