メニュー

ニキビを悪化させない!ミネラルファンデーションですべすべ肌になろう

女性

 

ニキビがあるときは、ニキビ跡や肌の赤みを隠したいもの。
ついついお化粧も厚く、しっかり隠れるファンデーションを選んでしまいがちです。

 

でも、ニキビがあるとき(乾燥・敏感肌に傾いているときも同じです)は、重いメイクアップは厳禁。

 

肌にやさしいメイクアップで、すべすべたまご肌をめざしましょう。

 

ニキビがあるときのファンデーション選びのポイント

メイク下地は使わない

ファンデーションをつるんと仕上げ、その仕上がりをキープしてくれる下地ですが、
油分が多いため、ニキビを悪化させる元となります

 

また、メイクもちをよくするようシリコンやポリマー類が含まれているため、
しっかりとしたクレンジングが必要になり、ニキビに厳禁な肌の乾燥を招きます。

 

ニキビがあるときは、下地の使用はストップして、
いつもの美容液や保湿液(ジェルなど)をたっぷりつけ、メイクのフィット感を高めましょう。
きちんと保湿してあれば、メイク崩れも少なくなります。

 

下地は、ここぞというときだけで、充分です。

 

リキッドファンデーションは使わない

コンシーラー

クリームファンデーション・リキッドファンデーションは、カバー力が高いですが
その分、油分がたくさん含まれています。

 

乾燥に傾いているときは、毛穴も細くなっているため、
簡単に詰まりやすく、この豊富な油分がニキビの原因となります

 

また、質感ともちをよくするために多量のシリコンやポリマー類が含まれているため、
多量の界面活性剤が含まれた洗浄力の高いクレンジングが必要になり、
肌バリアを低下させてしまいます。


 

肌負担とファンデーションの種類

肌負担が高いのは・・・
クリームファンデーション>リキッドファンデーション>パウダーファンデーション
>ルースパウダー>ミネラルファンデーション

 

カバー力の高さも同じ順です。
カバー力の高さと肌負担の高さはイコール

 

パウダーファンデーションとルースパウダー(お粉)の違いは、含まれる油分。
パウダーファンデーションには油分が含まれています。
その分、肌への密着度も高く、カバー力がありますが、肌への負担も高くなります。

 

ニキビがあるときは、しっかり隠したいものですが、
隠すためにかえってニキビができてしまっては、本末転倒です。
肌にやさしいものを選びましょう。

 

ニキビ肌には、ミネラルファンデーションを選ぼう

ミネラルファンデーションのメリットと選び方のポイント

刺激となる成分が入っていないので肌負担が少ない

ミネラルファンデーションは、
形成外科での手術やピーリングの直後でも安心して使えるファンデーションとして生まれました

 

原料は天然の鉱物(ミネラル)

 

もちろん、アレルギーなどもありますからすべての人に刺激がないものはありませんが、
界面活性剤や、シリコン・ポリマー類、防腐剤、水分や油分も含まないため、
通常のファンデーションと比較すると、とことん肌負担が少ないのが魅力です。

 

クレンジング不要

また、ミネラルファンデーションのもうひとつの大きなメリットは、クレンジングが不要だということ

 

シリコンやポリマー類、タール系の色素、落ちにくい顔料などを含まないため、
クレンジングの必要がありません。石けんだけで充分落とせます

 

その分、よけいな乾燥を防ぐことができます

 

いまは、マスカラやアイライナーもお湯で落ちるものがたくさんありますので、
アイメイクにはこういったタイプのものを選んでいただくと、専用クレンジングも不要になり、
洗顔だけでお化粧が落とせるようになります。

 

「フィルムコート」「お湯で落ちる」などと表記してあるものを選んでくださいね。

 

選ぶときは成分に気を付ける

「ミネラルファンデーション」と謳っていても、実はミネラル以外の成分を含んでいるものがあります。
せっかく肌にやさしいものをとミネラルファンデーションを選ぶのですから
できる限り、刺激となる成分は避けたいもの。

 

シリコン、ポリマー類、防腐剤などが含まれていないかチェックしましょう。

 

肌負担が最も少ないルースタイプのミネラルファンデーションを選ぶ

コンシーラー

ミネラルファンデーションも、
ルースタイプ、プレストタイプ、リキッドタイプがあります。

 

リキッドタイプも、通常のファンデーションより肌にずっとやさしいですが、
ニキビや乾燥が気になるときは、毛穴が細くなって詰まりやすくなっているため、
油分の含まれていないルースタイプがオススメです。

 

より、肌にやさしい仕上がりです。


 

ニキビがあるときにおすすめしたいファンデーションは?

まずおすすめしたいのは、エトヴォス(ETVOS)のミネラルファンデーションスターターキット

 

まずは、トライアルで、ミネラルファンデーションのやさしさをお試しくださいね。

 

ETVOSミネラルファンデーションスターターキット

etvos

1800円+税

500円クーポン付き

送料無料トライアル

セットの内容

(1)マットスムースミネラルファンデーション
 毛穴やシミをしっかりカバーでき、
 SPFも30あるので日焼け止めの代わりにもなります。
 3色からお選びいただけます。

 

(2)ナイトミネラルファンデーション
 夜つけたまま眠れるスキンケア処方の化粧下地です。
 艶のある処方でメイク下地やメイクの仕上げに使えます。
 もちろんクレンジング不要。

 

(3)フェイスブラシ
 人口毛とは思えない肌あたりのやさしさ。
 石けんで洗えるため、いつも清潔に使えます。

 

商品の印象

はじめてミネラルファンデーションに代える方は、
メイクを落とした後の肌疲れのなさに驚かれると思います。
毛穴も格段に詰まりにくくなるし、化粧崩れも少なくなります。

 

普通のファンデと比べると薄づきですが、
他社さんのミネラルファンデーションよりは、カバー力高めです。

 

ミネラルファンデーションのカバー力は重ね付けで調整できるので、
ニキビ跡やシミなどは、指先や綿棒にお粉を取って重ね付けするとかなり隠れます。

 

メイクの負担がぐんと減るので、カバー力も次第に必要なくなってきます。
1度使うとふつうのファンデーションに戻れなくなりますよ^^

 

期間限定で500円のクーポン付き

期間限定で、次回のお買い物で使える500円のクーポンがついていますので
次回購入する際は、忘れずに利用してくださいね。

 

詳細はこちら

 

ミネラルファンデーションの使い方のポイント

隠したいニキビ跡やシミはファンデーションの重ねづけかコンシーラーで

コンシーラー

ニキビ跡の赤みやニキビ跡、シミなどのしっかり隠したい部分は、
綿棒か指先に、
ミネラルファンデーションを少量とり、重ね付けしてみてください。

 

ミネラルファンデーションは重ねるほどカバ―力が増すので、
ファンデの重ね付けだけでもコンシーラーのように使えます。
ポリマー類が含まれている通常のファンデーションと違い、重ねてもキレイ。

 

油分が含まれるためニキビがあるときは本当はお休みしてもらいたいのですが、
もっとカバー力がほしいというときは、ミネラルコンシーラーを使ってください。
ミネラルのコンシーラーも、
プレストタイプ、リキッドタイプ、クリームタイプがあります。


 

パフなどのメイク用品は清潔に保つ

パフ

せっかく肌にやさしいミネラルファンデーションを使っていても、
メイク用品に雑菌が繁殖していては、ニキビを悪化させる元となります。

 

ミネラルファンデーションを付けるのに使ったブラシやパフは、こまめに洗いましょう
最低でも1週間に1度。毎回洗えるとベストですね。

 

たくさん用意して洗い替えしやすいので、パフもオススメです。

 

パフは、各化粧品会社のカウンター、
お近くのスーパーのコスメ売場などで入手することできます。
肌あたりのよいものを洗い替えの個数分用意しましょう。


 

日焼け止めもノンケミを

ブルークレール

せっかく肌にやさしいミネラルファンデーションを使っていても、
ケミカルな日焼けどめを使っていたら、結局肌負担は減りません。

 

アリーやアネッサ、ニベアなどの透明で使用感のいい日焼けどめは、触感軽く、
値段も手ごろで使いやすいですが、
紫外線吸収剤がたっぷり含まれています。

 

 

そこで、紫外線吸収剤不使用のノンケミの日焼け止めに目が行くんですが、
紫外線吸収剤の代わりに使われる酸化チタンや酸化亜鉛は、真っ白になりやすく、
ならば粒子を細かくしようということで、ナノ化技術が使われるんですよね。

 

 

でも、ナノサイズまで小さくしてしまったら、
今度は肌の細かなすきままでびっちり粒子が入りこんでしまうということで、
せっかくいい成分を使っているのに、
軽い石けん洗顔だけでは落ちないというジレンマがあります。

 

 

また酸化チタン、酸化亜鉛は肌の上で紫外線などを浴びていると、
紫外線はカットしてくれるものの
酸化してフリーラジカルを発生させるというリスクもあります。

 

 

なので、ノンケミの日焼け止めを選ぶときは、

  1. 紫外線吸収剤不使用であること
  2. ナノ化していないこと
  3. ナノ化せずに白くなりすぎないこと
  4. 酸化チタン、酸化亜鉛などが直接肌にふれないよう、コーティングしてあること
  5. そのコーティング剤が合成ポリマーでないこと

 

こんな点が大事。
特に難しいポイントは、2、3、5で、ここをクリアしているメーカーはせいぜい3社ほど。
コストがとてもかかるし、開発も大変だからですね。

 

 

そのひとつがブルークレールのUVラグジュアリーデイクリームです。
ちょっと高価ですが、白くもテカテカもせず、レシチンコーティングで、非ナノ化、
よくここまでがんばって開発してくれたなあと思います。

 

ちょっと高価な商品なので、まずはトライアルセット(1,580円・送料無料)からお試しされると安心かなと思います。
8000円相当のサンプルですので、お得感ありますよ^^

 


 

この記事を読んだ人は、この記事も読んでいます。

 

 

このサイトのトップへ

ページトップへ戻る