メニュー

ニキビ跡に!トレチノインとハイドロキノンを安く購入するには?

トレチノイン
ニキビとニキビ跡に効果的なトレチノインとハイドロキノン。

 

ニキビ跡は、

  • レーザー or グリコール酸 or トレチノインなどによるピーリング
  • ハイドロキノンよる漂白

この2つを組み合わせた治療は鉄板で、
数日〜数週間赤くなったり、しっかり日焼け対策しないといけなかったりというリスクもありますが、
化粧品だけでケアするのとは比べものにならないくらいはっきり効果が見られます。

 

私も定期的にこれらの治療を皮膚科で受けていてその効果は納得しているんですが、
やっぱりちょっと高いんですよね・・・。
自宅がちょっと田舎なので、都心の皮膚科に通うのもちょっと億劫。

 

そこで、トレチノインとハイドロキノンを個人輸入してみることにしました。

 

検索していてあちこちでヒットしたのがオオサカ堂さん。

 

トレチノインもハイドロキノンも何種類かあったんですが、
レビュー数の多さと価格で、

 

トレチノインジェル(A-retGEL)とユークロマにすることにしました。

 

トレチノイン


1本20g:1,641円〜(1本:1641円 2本:2171円 ※現在の日本円レート)

 

私は0.05%を購入しました。
0.025%とも迷ったんですが、こちらを精製水で薄めて使おうと思っています。
複数購入の割引率がかなり高いので、最初から2個購入しましたよ。

 

もっと穏やかな強さからスタートしたい方は  0.025%から。


1本20g:1,514円〜(1本:1514円 2本:1893円)

 

ハイドロキノン


1本20g:1388円〜(1本:1388円 2本:2374円)

 

4%濃度のハイドロキノンクリームです。
こちらも複数購入の割引率が高いので、2個購入しました。

 

オオサカ堂さんは、送料も無料です。
ドキドキしながら背中のニキビ跡に使い始めたところなので、
1クール終了したら、またレビュー記事をアップしますね^^!

 

トレチノインとハイドロキノンって何?

トレチノインとは?

ビタミンAの一種。
ビタミンA(レチノール)の誘導体で、
市販のレチノールコスメの100倍の作用を持ち、
海外では若返り、しわ・にきびの治療薬、皮膚の若返り薬として広く利用されています。

 

トレチノインの作用

  • 角質をはがす
  • 表皮の細胞を分裂させ、皮膚の再生を促す(約2週間で皮膚が置き換えられる)
  • 真皮でのコラーゲン生成を高める(皮膚のハリアップ、しわ改善)
  • 表皮内でのヒアルロ酸の分泌を高める(水分量アップ)

 

ハイドロキノンとは?

ハイドロキノン(ヒドロキノン)とは、
メラニンを作るチロジナーゼの働きを阻害し、
メラニン色素を作るメラノサイトそのものを壊す働きがある美白剤です。
その効果は市販の美白化粧品の数十倍から数百倍とも言われ、現時点ではもっとも効果の高い美白剤です。

 

トレチノインとハイドロキノンの使い方(東大式トレチノイン療法)

肌再生効果のあるトレチノインと、強力な漂白作用のあるハイドロキノン(必要に応じてビタミンC誘導体ローション)を組み合わせて使います。
シミやニキビ跡を消し、肌を若返らせる効果があります。

 

 

洗顔

普段通りの洗顔をします。

ビタミンC誘導体ローション

患部全体にビタミンC誘導体ローションを塗る。
ビタミンC誘導体はやや乾燥するので、これは省いても可。
手もちの保湿化粧水でも充分です。

 

トレチノインを塗る

トレチノインを綿棒にとり、気になる部分にのみ薄く塗ります。
気になるニキビ痕やシミなどからはみ出さないように塗ってください(ここ重要です)。

 

ハイドロキノンは皮膚をはがす作用が強いので、はじめは薄い濃度から、
塗るときもできるだけ薄く、小さい範囲に塗ることが大切です。

 

ハイドロキノンを塗る

ハイドロキノンを気になる部分全体にはみ出すように塗る。
ハイドロキノンは顔全体など、はみ出して塗っても大丈夫です。

 

日焼どめを塗る

この療法を行っているときは、皮膚が紫外線の刺激に敏感になっている上、
ハイドロキノンの中に紫外線で変質する成分は入っているので、日焼け止めは欠かさず塗ってください。

 

トレチノインは夜だけ、ハイドロキノンは朝晩と2回塗ります(夜だけでもOK)。
2〜3日で皮膚がボロボロと剥けてきます。
2週間ほど以上のプロセスを続け、その後2週間はハイドロキノンのみのクールダウン期間とします。

 

1クール終了してもまだ気になる場合は、2〜3週間休んで同じプロセスを繰り返します。
遅くとも3クール繰り返すことでシミなどが消えるといわれています。

 

 

 

このサイトのトップへ

 

ページトップへ戻る